« ワールドカッップ ロシア大会 | Main | 私のママは日本人…パパだったかな? »

sábado, 30 de junho de 2018

ワールドカップロシア大会 決勝トーナメント進出

4月以降、予想していなかったことが次々に起きる。

コロンビア、ポーランド、セネガルがいるグループで
日本は決勝トーナメント進出を勝ち取った。

コロンビア戦で開始早々に相手が10人になったにもかかわらず、
苦戦するも大迫くんが決勝点を奪った。

セネガル戦は2度のリードを追いついた。

そして、ポーランド戦は先発を6人も入れ代えて臨み、
0ー1で敗れた。

が、セネガルを「フェアプレーポイント」なるもので上回って
決勝Tへ進出…。

そのために、日本が最後に10分、ボールを回し続けたことが
議論を呼んでいる。

とりあえず、忘れないために私の気持ちを書いておく。

日本がリードされ、コロンビアとセネガルが引き分けていた状況では
日本が勝ち点上位2チームに入れずにグループステージでさよならだった。

ところが、コロンビアがリードを奪った。

ここから、日本とセネガルを分けるものは
「フェアプレーポイント」になった。

それ何? そんなので決めることになっていたのか?

で、どうするのかと思っていたら、カードは貰わないようにする。
そりゃ、当然だ。

ボールを保持し続けるが攻撃しない。カウンターでの失点を防ごうとする。
ポーランドにとっては日本に攻撃されないから、スコアは動かず、
とりあえず、GS敗退だが、勝利は持ち帰れる。
だから、ボールを奪いにこない。
日本が延々とボールを回す。

これで、いいのか?
セネガルが追いついたらどうするんだ?

機を見てゴールを狙ったほうがいいのではないか。
それすら、できないのか。

とまぁ、私は苛立つばかり。

その時に、試合終了後にメディアが言っているように
「戦って華々しく散る美学を求める」なんて気持ちはなかった。

ここまで来て、これで決勝Tに行けなかったら、間抜けもいいところだ!
許さん! 華々しくにしろ、何にしろ、今さら散ることは論外だ。

しかし、それにしても変なルール。

警告・退場を出す基準があるにしても、主審が決めることで、
人によって相当なばらつきがあることは、Jリーグを見ていても
他のリーグを見ていても分かることだ。

だから、この主審はこれまでに何枚のカードを出していますとか、
紹介されるわけだ。
そんなもので、勝負を決めていいのだろうか。

とかなんとか考えているうちに、試合終了。

セネガルは得点を奪うことなく、
日本は選手が滑って転んでレバンドフスキにボールを奪われて
ゴールを決められ、得失点でセネガルを下回りということもなく、
決勝トーナメント進出が決定した。

ボールを回したことが子どもよ教育上良くないとか、
日本人の美学に合わないとか、そんなことは思わない。

かっこ悪いなと思うし、そもそも試合に負けるなと思う。

なぜ、スタメンを変えたのだと思う。

3試合目が終わる前に、ベスト8進出を考えてメンバーをいじったってことが、
そもそも博打。

その博打に勝つ西野監督…。どういうことよ。

よく言う、「責任は私にあります」とか
「非難は私が引き受けます」って言うけれど、

起きてしまったことへ何ら責任が取れないから
言う言葉だ。それ以外に言いようがないから。
過去を書き換えることはできない。

どうか、博打を打つ前に最善の手を尽くしてほしい。
そして、試合が始まったら選手が頑張る。

ベルギー戦は、それを期待している。

|

« ワールドカッップ ロシア大会 | Main | 私のママは日本人…パパだったかな? »

サッカー」カテゴリの記事