« agosto de 2016 | Main | dezembro de 2017 »

segunda-feira, 19 de dezembro de 2016

2016年12月18日

2016年12月18日。
鹿島が世界へ一歩を踏み出した日になった。

11月23日に等々力で始まったチャンピオンシップから
怒濤の26日間。
12月3日、浦和戦前の長い待ち時間に
「優勝すればCWCだねー。捕らぬ狸の皮算用」と
友人が話していた。

「次、いつ出られるか分からないから」と
足を向けたオークランドシティ戦。

それから、テレビを通して念を送った2試合。

たどり着いてしまった決勝の相手はレアル・マドリー。

これまで、友人のおつきあいで
何度、レアルおっかけで横浜に出向いたことか。
その相手と対戦をする!一瞬、笑ってしまった。

横国の席は、レアル側の北サイド。
しかし、3決から残っている
クラブ・アメリカのサポーターは、アンチ・レアルだ。
ジャパン!と叫んでいるので「カシマ」「アントラーズ」と教えると、
「カシーマ!カンパイ!」とビール片手に周囲を煽ってくれた。

とはいえ、周囲は圧倒的に日本人レアルサポが多い。
彼らにしてみれば、
あこがれの選手たちのプレーが見られる試合なのだ。
勝負は最初からあったと思っているだろう。

試合開始早々に1失点。大量失点になるのかなと思ったけれど、
選手の様子を見ていると
「開始早々だから気にすることはない」という気になった。

そう、私にとっては、いつもの観戦と同じ。
試合の流れに応じて気持ちが変化していく。
私はいま、サッカーの試合を見ているのだという
当たり前のことに妙に納得する。

選手もいつものプレー。
はまっている時の集中している守備、
サイドでの美しい崩し、
そして、なかなか打たないシュート…。

でも、いつもより、パススピードが速い。
一流と対戦するというのは、こういうことなのかなどと
思っていたら、岳クン!

いや、岳のゴールだって分かったのは
アナウンスがあってから。
目の前だったのに、6列目ではよく見えない。

ゴール後、周囲からわき起こる歓声、拍手で、
いわゆる一般のサッカーファンの人たちが、
鹿島のプレーを楽しんでくれていることが分かった。
なんだか、誇らしい気持ちだ。

笛が鳴る。何の笛?
前半終了の笛だと分からなかったほど、集中していた。
やっぱり、いつもと違うのか、自分!?

追いついたことで落ち着かない気持ちなったハーフタイム。

あと45分で決着するのだろうか。
「勝たなければ! ここまで来て良くやったでは意味がない」と
心の声が言っている。

そして、またしても岳クン。
反対側のゴール裏から見ていても、強烈で美しいゴールだった。

周りも大興奮だ。「鹿島がレアルにリードした!」

しかし、押し込まれる鹿島。
速くて大きな展開に、いつまでついていけるのだろうか。
ソガちゃんは守り切れるだろうか。

PK。VARはなし。
看板が邪魔になって足下が見えない。
さすがの横国。

でも、まだ同点だ。

「まだ、行けるぞ!」と鹿島ひいきになっている中立サポ。
イライラしているレアルサポ。
個人技にわくサッカーファン。

実に変わった、いつもとは違う
サッカースタジアムの雰囲気の中で試合は進む。

鹿島の応援が途切れることなく反対側から聞こえてくる。
がんばれ!サポーターも世界デビューだ。

結局、90分では決まらず延長戦へ。
4対2。実に悔しい結果になった。

マドリーのようなワールドクラスの強豪に負けて
「悔しい」と思っている自分に、
いささか驚くも、やはり悔しい。

これまで、鹿島が親善試合ではなく、
ヨーロッパのビッグクラブと対戦したことはなかった。
ワールドクラスの強豪との初めての対戦。

「初めて」を、とうとうつかんだ。
これがなければ、経験値はゼロのまま。
ゼロと1の大きな差を超えた2016年になった。

クラブ創設25周年の年に新しい章が始まった。

これからの道も今までと同じように
簡単ではないと思う。

何度も苦汁をなめることになるのだろう。
でも、鹿島は前に進む。

きょう、コンビニで
「鹿島サポーターです。ずっと応援します」と
話してくれたお兄さん。
たぶん、20歳ちょっとくらい。10代かもしれない。

彼が私くらいの年になるころには、世界一になっている。

2016年12月18日。
そんな光景が夢物語ではなく、語れる日になった。

| | Comments (0)

« agosto de 2016 | Main | dezembro de 2017 »