« Raul-sanのセレモニー | Main | 覚悟を持って »

terça-feira, 1 de maio de 2012

私のラウール

ジャーナリストで編集者の寺野さんのコラムです。

立場は違えど、篤人クンのおかげでラウールの輝きを知ることが出来て本当に良かった。

なんで、タイトルが私のかと言うと、私が撮ったラウールの写真があるってこと。

バッジョがアズーリを着た最後の試合がスペイン代表相手だったんだねぇ~。
2004年4月。あぁ~、記憶が遠い・・・・。

その当時の私のスペイン代表に関する知識は、イケルクンとラウール、それと、なんだか知らないが若手が出るらしい(その若手が納戸クンだったと知ったのは2008年)ってなぐらいで、心は100%バッジョのものだったんだなぁ~。ラウールを見ても、ん?なんでこんなにふけているのなどと思っていたのでした。

Raul_1024x858


|

« Raul-sanのセレモニー | Main | 覚悟を持って »

サッカー」カテゴリの記事