« いってらっしゃい! | Main | 明けない夜はない »

quinta-feira, 7 de julho de 2011

3年後

なんとなーく冴えない6月を乗り切れたのはウッチーのおかげ。

バラエティに出ると言うからどうなるかと心配していたが、無難にこなしつつ、本性・本領も発揮していたかと(^^;
(YOUTUBEの確認ですが)

ウッチーだけじゃなく、どの選手も見ていて楽しかった。Jリーグが始まった頃のバラエティに出ていた選手とは、何がどう違うのかわからないけど、安心して見ていられたのが大きい。なぜ?

でも、去年のワールドカップの話が出た時はドキっとした。
記事では読んでいたけれど、動いているウッチーから聞くのは初めて。

ワールドカップという舞台にウッチーは忘れ物をしてきたんだね。
3年後、ブラジルで取り返さないとならない。
大変厳しい道。

レオは舞台には辿り着いたけれど、最後の最後でジズーにやられた。
鹿島からワールドカップに出るためにPSGへ。そして、ミランへ。
セレソンのレギュラーからも外れたりして、ワールドカップの初戦はベンチだった。
それでも、大会期間中にレギュラーの座を奪い返して、ボランチまでやったり、ドゥンガとケンカもしてたどり着いた決勝。
ベンチで静かに涙していた姿を思い出す。
(朝日新聞の記事、どこにファイルしたかなー)

ロビーはワールドカップ出場の為に、レオと入れ替わるようにボローニャへ。
監督とうまくいかなくてキレたり逃亡したり大騒ぎ。でも、見据えた先、フランス行きの切符の為にすべてを尽くしていた。ファンの声にも後押ししされ、アズーリに。輝いていた笑顔。
デルピエロと併用されながら勝ち進んだけれど、またしてもPK戦で敗れ去った。
そこからは、2002年への道。

ふたりとも、忘れ物を持って帰ることが出来なかったんだよね。
厳しすぎる。悲しかった。

でも、ロナウドは忘れ物を取り返した。
フランス大会決勝直前、具合が悪くなったロナウドにありとあらゆる憶測が飛び交う。
ピッチにいてもどこかフワっとした感じ。本当のロナウドはいなかった。
ロビーと一緒にインテルで次を目指す。でも、ケガ。それも大けがに見舞われる。
誰もがロナウドは帰ってこれないと思った。
でも、帰ってきた。
そして、大五郎カットで日本にやってきた。
ブラジル優勝。ペンタ!に大貢献。
レオも大喜びだった。

忘れ物を取り返す為に、これからの3年が大切。
みんなの希望だ。鹿島の希望だ。
VAI VAI, UCCHI!

|

« いってらっしゃい! | Main | 明けない夜はない »

ATSUTO」カテゴリの記事