« 笑う門には福来る | Main | ヤナギ! »

quinta-feira, 27 de maio de 2010

オシムさん

私はオシムさんを避けて通ってきた。
理由は、オシムさんが嫌いだったわけではなく、マスコミの掌を返したような(ような・・ではないが)態度にうんざりしていたからだ。それは元を正せば、30年以上前に抱いたマスコミに対する不信感の根の深さによるものだけど。
ジーコ、ジーコから一転してオシム、オシムと崇めるその変わり身が嫌いだった。

頭に来るのは精神衛生上よろしくないから、オシム話はなるべく耳に入れないようにする。しかし、サッカーを見ていればイヤでも耳に入ってくる。それで、思うことはジーコと言っていることの本質は同じじゃないのか!? 言い方やアプローチの仕方は違っても、サッカーに対する思い、哲学みたいなものは大差ないじゃないかと思った。だから、ますます、オシムを神様のごとく持ち上げるマスコミがおもしろくなくてオシムさんを避けてきた。

鹿島の選手が代表にいないというのが大きな理由だったかもしれないが(^^;

昨日、突然、スカパーでワールドカップ関連番組が見られることがわかった。おかげで、98年のクロアチア戦を途中からとジャマイカ戦を見ることが出来た。今日は、何気につけてみたら後藤さんとオシムさんの対談をやってきた。

オシムさんのサッカーに対する考えはおそろしいほどの広さ深さだ。全身全霊をサッカーに捧げている。こういう人は日本にいるのだろうか?
いろいろと語っていたが、なんだかファンとしても泣けてくるような話もあった。ここまで理解してくれている経営陣や監督はいるのかな。経営陣にはいないよね、たぶん。そう言えば、経営陣が一番学ぶべきことが多いみたいに言っていた。

日本とヨーロッパの(でプレーする)選手の違いというところに話が及んだ時、日本には自分のためだけにサッカーをしている選手がいるがヨーロッパの選手はフットボールをプレーしているのだという話になった。ちょっとわかりにくい話だったが、フットボールをプレーするということは、チームのため、サポーターのために戦うという意味で言っていた。正確なことばは覚えていないけれど、私が受けた印象は、この意識の違いがプレーに出るということ。選手は自分が何をすればファンを大喜びするか、わかっている。ファンと喜びを共有することを楽しんでいる。それが違いなんだと。

さらに、別の話から、日本の選手はどういう人が自分たちを応援しているのかわかっているのか、おそらくわかっていないと話しをしたこと。年齢、職業、収入、家族、そして、いくらの収入からどれだけのお金をかけて自分たちを応援するために来てくれているのかと言うことを知っていないでしょうと言うのだ。

まったく同感だ。クラブの経営陣だってわかっていないと思う。もしかしたら数字の上ではわかっているかもしれないけど、それがどれだけの意味を持っているのか真剣に考えたことがあるのだろうか?成功していると言われているクラブである鹿島から、それは感じない。
そして、それを経営陣は選手にそういうことを教えないといけないと言っていたと思う。(私の妄想?)

前から思っていたけれど、持って生まれた性質で敏感にファンが寄せる熱い思いを感じられる選手もいる。でも、ほとんど選手は違う。これは、人間として普通のことだと思う。知らなければ感じられないもの。自分がそんなに大きな存在だなんて、ある意味、謙虚すぎてわからなかったりする人もいると思う。

2002年の時、ワールドカップ期間中に選手の乗っているバスが通っただけで大声援が起こった。それで、どれだけ多くの人が自分たちを応援しているのか、その時に感じましたと語っていた選手がいた。私は、えー、それまで気がつかなかったのかと驚いたけれど、そんなものかもしれない。

日本のサッカー選手は、子供の頃から練習、練習に明け暮れてスタジアムへ通っていない。それに、サッカー・ファンの数が少ないから熱狂的なファンがまわりにいなかったりするだろう。父親母親、祖父祖母、兄弟姉妹、従兄に、熱烈なサポーターがいるという選手がいたら珍しいかもしれない。サッカーが人々にもたらしていることを知らずにいるのだ。極論を言えば、自分が上手にプレーをすることだけを考えて練習しつづけた結果、プロになっている。でも、本当のプロは上手なだけじゃだめなんだ。

自分を応援してくれる人たちがいると思えば、マスコミを無視したりすることは出来ないはずだし、そういう選手をマスコミやファンを怒るべきだと思う。5分ぐらいの時間をさいて、自分のことを語れなくてワールドカップでどうやって戦うのだ!?

みなさんの応援が力になります、スタジアムへ来て応援してください!と言う時、その言葉が心からのものであってほしい。

レオナルドの名言、「観客がいないフチボウはフチボウではない」

|

« 笑う門には福来る | Main | ヤナギ! »

サッカー」カテゴリの記事