« 世界選手権辞退 | Main | Do you hear? »

quarta-feira, 10 de março de 2010

ごもっとも!

後藤さんのコラム

岡田解任と騒いでいた人たちはどうなったのよ?ということですね。
私も不思議に思ってました。
私のまわりでは、バーレン戦が良かったと思っている人はあまりいないのではないかと思う。
ファンの多くは、少なくとも、ワールドカップを共に3回戦ったファンは、あんなんで妙に明るくなったメディアに対して、はて?と思ったのではないだろうか。

でも、日本人の妙にさっぱりした性格が出たというか、私もその一員なんだけど、もう諦め&やけっぱちの境地に入ってしまったのかも。
こういうのって最悪だよね。
選手に対しても非常に失礼だと思い当たりました。

今日、インビクタスを見てきた。
マンデラの強い意志や国民がひとつになっていくことにも感動したが、
あぁ~・・・・と涙を誘ったのは、スタジアムが国がひとつになって代表を熱狂的に応援している姿だ。2002年にこれだけの応援をしてあげられたならと思ってしまった。お隣の韓国の応援はイヤでたまらなかったけれど、選手に力を与えたことは間違いない。

こんな時期に脱力していちゃいけないのよね。
ただ、サッカーのプロではない私を納得させてくれる試合が見てみたい。
あのコンセプトで本当に世界と戦えるのか?

他にも思うところはあるけど、
今、私にはすべきことがあるのだ。
逃避しているけど。
確定申告・・・。

|

« 世界選手権辞退 | Main | Do you hear? »

サッカー」カテゴリの記事