« Do you hear? | Main | 素数たちの孤独 »

domingo, 14 de março de 2010

1勝1分

こんな状況だから、京都行きをあきらめスカパーのサッカーセットも解約し・・・
あー、お天気がいいではないですか!

西が丘に行こう!

JFLの開幕戦。
地元の横河武蔵野FCの試合です。
一度も見たことがないし、西が丘なら写真も撮りやすいから行くべ。
そーいえば、鹿島のチケットが取れなかった頃、よそのチームの試合も結構見ていたもんだと思い出す。

なぬ?
とうとう、ここまで来たか。FC東京。
地元の商店街にヒラヒラと赤と青の旗が揺れている。
どこかにしまいこんであったのか、
折皺がくっきりよ。

いやだ!わが町に許せん!

西が丘に1時間で到着。
チラシ一枚のニュースを貰う。
メンバー表に監督のコメントにスケジュールにと盛りだくさん。
さらに、選手自らチョコを配っている!すごーい。
ありがたくチロルチョコを頂戴する。

ゴール裏のむき出しのコンクリートに座る。
西が丘でゴール裏は初めてだ。
がらーん。人がいない。
金沢からはすでに応援団が到着済みだが、
武蔵野のゴール裏は・・・
キックオフ1時間前に来る人はいないようだ(^^;

サンドイッチをパクついていたら、選手がアップに出てきた。
選手も近いが私も選手に近い。
これが鹿島の選手だったらこんなところで大口を開けてられないな。

席は徐々に埋まりだし(発表は1100人)、サポーター集団は20人?
バックスタンド側からも声が聞こえる。どういう風になっているのかわからず。

実は対戦相手がどこかも知らず(いや、調べたが忘れた)、
西が丘に来ていたのだが、
横断幕に久保の名をみてびっくり。
そうだ、根本もいるんじゃん・・・。
J2入りを目指してJFLに地域リーグからあがってきた金沢。
武蔵野との実力差、よくわからん。

根本は綺麗なクロスを上げていたし、足元も良かったのー。
すっかりおじさんになって感慨深い。
そして、久保はこわい。名前でこわいのか、なんなのか、風格がありすぎる!
あの恵まれた体格、やわらかい動き。
なぜ、ここにいるの?君は・・・と
久保にあまり詳しくないが、
彼の人生について頭をめぐらす私。

試合は前半、久保のシュートをGKがはじいたところを打たれて失点。
後半早々には、きれいに崩されて失点・・・だったと思う。
いやな雰囲気だったけれど、武蔵野の選手に諦めた様子はなかった。
そして、ゴール前で粘ってこぼれたところをチョンと押しこんだ。
2-1。
久保を下げた。守備固め? 
ラッキー!と思ったのは私だけではあるまい。
前線の驚異がいなくなったのだ。
いけ!
ゴール前のシーンが増えてきた。後少しだー。

と思いつつ、携帯をチェック。
野沢がゴール。同時刻にヤナギにカード。
なんなんでしょうかしら。

そして、
「うしろ!」
「あげろ!」
「うて!」
あー、こんなに私が言うとおりにゴールが決まって良いのでしょうか?
びっくりして写真を撮るのも忘れてました。
2-2

もうこうなったら逆転しかありません。
しかし、あのドライブがかかったミドルシュートは見事でした。
ゴール裏だったので、ボールの弾道が良く見えて怖いぐらいだった。

ゲーム終了。よくやりました武蔵野。

しかし、なんか悪い予感。
追いつかれていた。
一箇所で運を使いすぎたのでしょうか。
しょぼん。

赤羽駅まで歩いてやる。
210円、けちってやる。
ものの見事に道に迷った。
でも、迷いながら見た景色にびっくり。
東京にこんな景色があるって知らなかった。
ビルの上以外から、町並みを見下ろせる場所!
丘があるのね。
でも、お年寄りはかわいそうだ。

|

« Do you hear? | Main | 素数たちの孤独 »

サッカー」カテゴリの記事