« なぜアイスランド よりみち | Main | なぜアイスランド その14(3日目) »

sábado, 27 de setembro de 2008

納戸クンの2ゴールで勝つ

Fernando0927

今シーズン最初のゴールから42日、やっと炸裂!そして3ゴール目まではわずかでした。4分で2ゴールを上げ、その結果、リバプールはエバートンとのダービーを制したのでした。

って、家の環境ではテレビを見られず。
キーンと良いコンビを見せた様子です。
(後ろに移っているエバートンのファンの顔が・・・・)

リバプールのオフィシャルサイトから納戸クンのコメント。

「6ゲームもゴールをしていないのはストライカーにとっては長すぎる。でも、自分の自信に影響することはなかった。一生懸命やっていればゴールはいずれ訪れるとわかっていたから」

「これを続けていきたい。来週のチャンピオンズ・リーグでもゴールを決めたい。昨シーズンの33ゴールを越えるよう成長したい」

「今日、3ポイントを得ることは重要だった。僕たちはファンにとっても選手にとってはどれだけ重要なゲームかわかっていた。順位表の一番上にいたいからね」

「1月には上位3~4チームの中にいて、チャンピオンズ・リーグの次のステージに進んでいたら、素晴らしいシーズンになるだろうね」

今日は京都の試合もテレビ観戦。
惜しかったなぁ~。終盤のヘディングは決まったと思ったのに・・・。
フェルナンジーニョをなぜスタメンで使わなかったんだろうか。

フェルナンジーニョの加入で、ゲームを作るという作業の負担が減り、使われることでゴールも量産できると思っていたのになぁ~。

全員守備、全員攻撃の時代にせよ、ストライカーはよりゴールマウスに近いところにいるべきなんだと思うよ。だから、まぁ、ボールを出したら次の動きに「より早く」動いてください>鹿さんたち

ん? 話があちこちに飛んでしまった。支離滅裂とも言う。

|

« なぜアイスランド よりみち | Main | なぜアイスランド その14(3日目) »

サッカー」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 納戸クンの2ゴールで勝つ:

« なぜアイスランド よりみち | Main | なぜアイスランド その14(3日目) »