« 長い一日 | Main | ザ・ロード »

segunda-feira, 23 de junho de 2008

イタリアって・・・・

キックオフに合わせて目覚ましをセットしたにも関わらず、あれ、5時だ。あわててテレビをつけたら、0-0.まぁ、そんなところでしょうと思いつつ、ゴール前の白い壁を見る。いち、にい、さん、しぃ、ごぅー、ろーーーーーく、ななーーーーーーー、はーーーちーーーーーーー。

あのね、さすがですよ、さすがに固い守備だと思います。しかし、つまらん、つまらん!!!!!!
いくらピルロクンがいないからってさ。
つくづく、同じようにPKで負けた94年、98年のイタリアとは違う。当時だってカテナチオだったんだろうけど、ピルロがアルベルティーニだとしたら、その前にロビーがいたんだ。ロベルト・バッジョがいかに特別だったか思い知らされつつ・・・(いつもだが)

しかし、ここまで徹底的に伝統ってのがあるのは素晴らしいと言えば素晴らしいんだろうが・・・。

がんばれ、スペイン! 一生懸命、攻撃をする君たちが報われて欲しいと思った。
だから、PK戦に入る時、私は気合を入れなおしたよ。絶対にスペインが負けるとは思わなかった。イケルちゃんが止めてくれると信じていたさ。熱烈に好きでもないチームに対して、この異常な熱の入れようはなんだ(^^;

あー、しかし、良かった、勝って。

さて、喜びの写真です。

1

2

3

4

5

ビジャの熱烈ぶりにイケルちゃんがかわいそうな気もしますが(^^;

別のところで密やかに喜んでいる人たちもおりました。
Nandoalonso_2

背中はシャビ・アロンソ。リバプールのチームメートはどこに行ってしまうのでしょうかしら。

さて、ここからは、テーマを変えます。どう変わるのか!?

Nono

スペインファンの女子が書いておりました。
「スペイン代表がホットなのはわかっているけど、やい、イタリア野郎、ピッチの上だからって抱きつくなんて許さないわよー!」

そして、
Bu1_2

ブ 「おい、納戸はオレの男だ!」
背中で語る納戸 「え、なに、このおっさん・・・・」


Bu2

上のスペイン女子ではありませんが、このシーンをテレビで見ていた時、ワタクシ、思わず、
「ブ・・・、はなれろ・・・」と低い声で言ってました・・・・。自分がコワイ。

しかし、スペイン女子はこう書いてました。

「女性ファンのみなさーん、さぁ、フォトショップの出番ですよー。自分の写真をブの上に貼ってしまいましょうね。これで、納戸クンと親密なワンカットの出来上がり。あ、グローブの手を修正するのを忘れないようにね!」

余裕だな、ラテン女子。

|

« 長い一日 | Main | ザ・ロード »

サッカー」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イタリアって・・・・:

« 長い一日 | Main | ザ・ロード »