« ジーコ、おめでとう! | Main | 情熱 »

domingo, 6 de abril de 2008

岡田さんへ

日本代表。

オシムさんに監督が変わってから鹿島の選手が呼ばれることもなくなり、「なんか知らない選手ばっかりだなぁ~」と思ったり、オシム、オシムと騒ぐメディアの態度もおもしろくなく・・・(言葉遊びですべてを語ろうとするなよ、メディア、自分で考えろ!)

すっかり関心を失っていた。ワールドカップ予選まで時間もあった。予選が始まれば、自分の気持ちも違うかなと考えながら。

そこへ岡田監督再登場。
急に「うちの」内田、田代、岩政が呼ばれた。少し気になるようになった。でも、バーレーン戦。篤人はベンチにも入っていない。

あ、そー。
テレビはつけていたけれど、ほとんど見ていなかった。チラリと見やる画面。なんか情けない雰囲気。だんだんとカッカしてくる。私たちの日本代表に何をしてくれてんねん、オカダ!!!!

と夜中、心の中で叫んでいる自分がいた。

岡田さん、ありがとう。
あなたのおかげで日本代表に対する愛が少し戻ってきた。

思い出した。
98年のワールドカップ。私は選手たちがかわいそうでならなかったんだ。どれだけ長沼会長を憎んでいたことか。岡田監督にも言いたいことはあった。でも、あの時は今とは比較にならない状況での登板(なぜ、野球用語(^^;)だったから、「あなたが100%悪いわけではない・・・でも、いろいろと疑問を感じる男だな」と思っていた。

しかし、岡田さん、私はあなたのことをなんと表現していいのかわからない。うまく言葉に表せない。
と思っていたら、サッカーマガジン、元編集長の千野さんが言ってくれた。

敗戦の責任をオシムさんに転嫁する
岡田発言に憤りと嫌悪感

|

« ジーコ、おめでとう! | Main | 情熱 »

サッカー」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岡田さんへ:

« ジーコ、おめでとう! | Main | 情熱 »