« 満男ちゃん、いってらっしゃい! | Main | 一週間のお褒美に »

segunda-feira, 28 de agosto de 2006

A fan's note #2

話すと簡単なのに書こうとすると難しい。満男ちゃんが厳しい世界に挑戦する日を記念してがんばって書いてみるか・・・。

1994年 日本が出ない米国大会に行き、ブラジル戦を2戦観戦。現地で買ったブラジルのTシャツを着た。ブラジル帽子もかぶった。鹿島のバンダナを首に巻いた(もっともサッカーファンになりたてでユニは一枚も持っていなかった)。

1998年 日本が初出場したフランス大会。 ヤナギの代表落ちに不満で、いったい誰のユニを買いたいのか自分の気持ちが決まらず、代表Tシャツで日本xクロアチアを見た。日本xジャマイカは確かバンダナだけだった。ブラジルの試合には鹿島特製レオナルドTシャツを着た。

2002年 日韓大会。観戦に行った日本の2試合ではヤナギの代表ユニを来た。イタリア戦とブラジル戦にはレオナルドのセレソン・ユニを着た。他の試合は、たぶん、普通の格好をしていた。

2006年 ドイツ大会  日本xブラジル戦を含む7試合のうち、チュニジアxウクライナで鹿島ユニを着た以外はすべて日本代表柳沢ユニで通した。移動中も代表ユニを着ていた。鹿島でやっているように現地に行ってから着替えることはしなかった。

私は代表のユニをファンとして着る意味を、12年、4大会の月日をかけて知った。

今回の旅行、バゲージを無くすことで有名な飛行機会社の乗り継ぎでドイツ入りだった。出来ることなら荷物は預けたくない。もともとカメラや望遠レンズで機内持ち込みの荷物が多い。極力、持ち物を減らさないと機内持ち込み荷物としてまとまらない。いったい何を持って行こうかと思案していた。そんな時に友人が「2ちゃんねるで、他の国の試合でも代表ユニを着ている人を見たって書いてあったよ」と教えてくれた。あー、そうか、どの試合でも日本代表ユニでいいんだと思った。目からうろこ。それに、ユニは速乾性がある。洗って一晩で乾くだろう。一挙に手荷物問題は解決であった。出していたブラジル・ユニ、イタリア・ユニ、サン・ロレンツォ・ユニをタンスに戻した。

荷物が小さくなっただけではなく、ユニを着ていたおかげで思い出も増えた。ユニを着ていたから他の国の人たちとのコミュニケーションが容易かった。試合前にファン・フェスタという屋台村を歩いていれば、ニッポン・コールやジーコ・コールを受ける。こちらも相手のユニを見てその国のコールを返す。決勝トーナメントで会ったクロアチアのユニの人たちとは顔で「残念だったね、お互いに」と挨拶をする。言葉が通じれば2010年だよね!と言う。ブラジル人には「ごめんよ」と言われる。バリバリの日本人だとわかるから、「オレのユニにサインをしてくれ」とイングランド・サポに頼まれる(自分のユニに各国の人からサインをしてもらうのが流行っていた)。ドイツ在住のフィリピン人の女性に「娘は埼玉にいるんだよ」と一族の話をされる。

代表ユニを着ていなかったらこういうことは起きなかった。お互いにユニフォームを着ているから話しかけやすい。東洋の顔をした人が韓国ではなくて日本だとわかる。女子だけで観戦に来ている人たちは少ないから、普通の格好をしていれば、ジャーナリストか何か?って感じであろう。はるばるドイツまでやってきたサッカーばか同士、気持ちが通じる。

日本が負けたからって、それもあまり格好の良い負け方ではなかったからって、日本代表のユニを着ていることでバカにする人なんていない。みんながドイツまで自分の国の応援にやってきたのだ。強い国なんてどうせ限られているのだ。サッカーが好きだから自分の国の試合でなくても、あちらこちらのスタジアムに出没してちょっとお気楽な試合を楽しむのだ。自分の国のユニを着て。

地元ドイツの人たちはエセ・ブラジル人になっている人も多かった。どこでも人気があるセレソン。どちらかのチームに肩入れをして見る方が試合は楽しい。それでも、突然、試合中にドイツの応援歌を歌いだす。心はドイツなのだ。

普段、セリエAの試合では、ユニは着ないイタリア人たちもアズーリのユニや着ている。

ブラジル人はセレソンのユニや黄色っぽいスポンサー・ロゴ入りのユニの下に「心のチーム」のユニを着ている人が多い。

日本人は・・・・、想像をしたとおりだったけれど、ブラジルの試合ではブラジルのユニを着ている人がたくさんいたし、イタリアの試合ではトッティがたくさんいた。その気持ちはわからないでもない。私も行く直前までは考えていたことだから。
でも、彼らは彼女たちは感じたかな。自分たちがかもし出している違和感を。
ワールドカップの地まで大金を使って来たのはなぜなんだろう?日本が負けたら、もう日本は終わりなんだろうか?
アディダス・ショップで売っている日本代表ユニを前に悪態をついていた男の子は悲しかった。

中学生の頃、アイデンティテイという言葉に出会った。広辞苑を見ても英語の辞書を見てもピンと来なかった。今でも、いい年をして、アイデンティティの確立ってのは良くわかっていない。でも、今回、世界中の人たちがいるところでユニを着ていることで己というものが少しわかったような気がした。

高校生の時は校則を破って制服を着ていかなかった。揃いのものなんて普通の生活では好きじゃない。でも、サッカーという魔法にかかってしまうと、何かが違うようだ。ユニを着ることで誰かと繋がっていると感じる。狭い意味では日本代表サポや日本代表と繋がっているし、広い意味では世界中のサッカー・ファンと繋がっている。それに、外から見て簡単に「こいつは、未熟なサッカーをするニッポンの応援に来ている日本人だ」と認識してもらえる。きっとかわいいやつらだと思われる。

たかがサッカーのシャツの話だけれど、ドイツでユニを着続けなければわからなかったことだ。

私は日本人で日本代表を応援していて負けたってなんだって、私はやつらを誇りに思っている。だから、この青いユニを誇りに思う。単なる物にはすぎないけれど。

|

« 満男ちゃん、いってらっしゃい! | Main | 一週間のお褒美に »

World Cup 2006」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference A fan's note #2:

« 満男ちゃん、いってらっしゃい! | Main | 一週間のお褒美に »