« 2005/2006シーズン日程 | Main | Leo! »

quarta-feira, 17 de agosto de 2005

サッカーと書くこと

日本、一位抜けです。おめでとう!!!!

あ~、本当に今回は楽をさせてもらったと思う。1試合を残して、世界で一番早く出場を決めたんだから、物足りないぐらい(^^; でも、もし、今日の試合前に決まっていなかったら・・・と考えるとぞーっとするし胃が痛くなるから、これで良かったのだと思う。

さて、
そう、サッカーのこと、鹿島のこと、ヤナギのこと、あまり最近は書いていない。関心がなくなったわけではないんだけど、なんか、面倒だって思ってしまう。なぜだろうって考えてみたんだが、つまり、そう、こういうことを10年も続けていれば、そりゃ、私の性格としては飽きてしまって不思議はないのだ。

サッカーを見るようになって鹿島を応援するようになってから10年以上、それは、私がパソコン通信を通じて書くことを始めた年月でもある。10年以上にわたっていろんなことを経験して、その都度、思いを書き散らしてきた。

選手の移籍、監督との確執、優勝の喜び、敗戦の悲しみ、インファイトのこと、他ノファンとの違和感、クラブに対する不信、サッカー協会に対する怒り、サッカーと出会えたことへの感謝、メディアへの様々な思い・・・

そういう気持ちは今も同じように持っている。以前はそれを書くことで共感を得たり、自分の中で整理がついたりしていたんだけれど、今は書くことの前に「大丈夫、この山は乗り越えられる」と、特に辛いことが起きた時に思ってしまうみたい。だから、書くことが億劫になるのかな。神経が図太くなったのかな。

もっとも、話すことはやめてない。話すことの方が楽だし楽しいのだ。 イタリアでスタジアムの周りやバールで見かけるおやじたちと同じだ。

で、強引にまとめ。、
今シーズンこそ、ヤナギの名前がバールに集う親父たちの口に頻繁に上りますように!

|

« 2005/2006シーズン日程 | Main | Leo! »

サッカー」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカーと書くこと:

« 2005/2006シーズン日程 | Main | Leo! »