« 同点だ! | Main | GUH »

quinta-feira, 31 de março de 2005

勝ち点6!

今日は「さいたまスタジアム」から寄り道をしないで帰って参りました。
試合とは関係のないことだけれど、平日の夜の予選ってサッカー観戦の楽しみのうちのひとつを奪っているよね。試合後にあーでもない、こーでもないって飲み食いしながら話すことが出来ない・・・しずらいわけで、ちょっとそういう意味じゃつまらん(^^;

勝ち点6です。これで順位も2位。なかなか点が入らなくてジリジリしましたがオウンゴールでも得点には変らないし勝利が何より必要だったのでめでたし!
ヤナギは出られなかったけれど勝ち点を取れたことで許そう(^^; ヤナギは出ない、勝ち点は取れないってことでもあったら、プッツンするところですがいいのだ。試合前のアップでリフティングするあっちゃんを見られたからね。

ちょっとは試合について書くか・・・。たまには。

なぜ点が取れないのか。それは鹿島の試合を見ていてもわかることだけれど、シュートが少ないからだと思う。打てばいいと言うものではないと思うけれど打たないことにはゴールは生まれない。じゃぁ、どうやったら打てるのか? 打てる場面に持っていけるのか? 今日の試合のように攻めがちょっと遅れてしまうと、8人も相手選手がPA内にいるって状況で、どうすればいいのか?

頭使ってくれよー!!!!!

って、一生懸命やっているんだとは思う。
私の言うことなんて、素人の戯言に違いないんだけど、逆に言うなら、あなたたちは子供の頃からサッカーばっかりやってきて、今、プロの選手なんだから、私以上にいろんなことを考えているはずだし出来るはずだよね。それを見せてください。

真っ正直に同じ方向から攻めるだけじゃなく、意表をつくことをやるとか、相手が嫌がることをするとか・・・・。

サッカーの面白さは、ひとりじゃ出来ないけれど、ひとりひとりのアイディアや能力も充分に試されるところだと思うんだよ。組織と個人。そのどっちかに偏っていたら強くなれない。

ジーコは「システムより選手」と言ったそうだけど、賛成! これって、今のサッカーの流れに逆らっていることだと思う。すごく大胆な挑戦をジーコはしている。それを、ブラジル人選手じゃなくて日本人選手でやろうとしているところが、さらにすごい(^^;

組織的に動くサッカーも美しいと思うけれど、私は、たぶん、そういうサッカーには飽きる。個々のアイディアがツーカーとその場で連動していくようなサッカーがいいな。見てて「うひょひょ!」と言えるサッカーがいい(^^;  やっている方もその方が楽しいと思う。

しかし、そういうサッカーで予選を勝ち抜けるかどうか、それが問題だ。
もっとも、日本のサッカー選手のレベルがそこまで行っていないので適当な妥協点が出てくるんだろうなぁ~。

あ~、とりとめもない。

今日の試合、最後の10分はヒヤヒヤしつつしびれました。疲れからか足が止まってしまった選手たち。幸いにしてバーレーンの選手もばてていたみたいだけど。
最後の最後になって、それまで手拍子も拍手もする人が少なかったメインスタンドも、やっと手拍子で選手を応援するようになった。遅まきながらという気もしたけれど、あの手拍子の応援は選手に届いたと思うよ。止まった足が少しでも動いたと思う。

観客席とピッチが一体のなる時・・・・・。
鳥肌がたつ。

良かった(^^)

|

« 同点だ! | Main | GUH »

サッカー」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勝ち点6!:

« 同点だ! | Main | GUH »