« やっと・・・・ | Main | アルゼンチン・リーグ »

sexta-feira, 17 de dezembro de 2004

実力の違い

代表の試合に行ってきました。

なんて言うか、届くようで届かない実力の差って言うのを感じたのが今年で2回目だ。
最初は鹿島とバルセロナの試合だった。鹿島の選手が上手になった、強くなったと思っていたから、バルサは強いと知っていたけれど、なんとかなるんじゃないかと思っていた。ところが、歯が立たない。子供扱いされているようだった。思った以上の差に愕然としたのだった。

そして、今日。

ドイツの選手は上手くて強かった。精神的にも肉体的にも強かったな・・・。日本の何枚も上手。日本がベストのメンバーだったとしても、「何か」が起きなかったら勝てなかったでしょう。引き分けも難しかったかも。

あー、悔しい。おもしろくない。

こんなにある実力の違いを埋めることは一朝一夕で出来ることじゃないよね。長い努力が日本のサッカー界全体で必要なんだと思う。それは、今までも日本のサッカー界がやってきたことで、だから、今があると言えるのだけれど、まだまだ、先がある。
4年先、8年先の日本のサッカー、20年先の日本のサッカー。そういう先を見据えてやって行かないと置いていかれてしまうのだろうな。

あ~、でも、今は今で、その差を埋めるための努力をしないといけない。歴然とした実力の違いがあっても、試合に勝つために何をすべきか考えなければならない。選手、監督、コーチ、スタッフ・・・・ファン。
一番、力がないのがファンだけれど、人数は一番多いんだから、声で後押ししなくっちゃね。もっとも、今日の私は唖然として声が出てないか、しまいにはブツブツ文句を言うという最悪パターンだった。反省。

|

« やっと・・・・ | Main | アルゼンチン・リーグ »

サッカー」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実力の違い:

« やっと・・・・ | Main | アルゼンチン・リーグ »